質屋の様々な金利&手数料

質屋独自の法律で規定された金利。一体どうなってるの?

質屋の決まり事

質屋の様々な金利&手数料

質屋の金利は一般的な金貸業とは違い、質屋営業法と言う別の法律で決められています。

その金利の上限は利息制限法を大きく上回る年約105%。

単純に1年かりっぱなしなら倍になる計算です。

これはかなりの暴利ではないのか?実際には裁判で争っている人もおり確定的な結論は出ていません。

仮にこの金利で借りた場合を計算してみましょう。

5万円を借りて通常の3ヶ月で返済する場合。

分かりやすいように年利100%として計算すると、約12、300円です。

うーん、これは大きいですね。

100%という金利では、せいぜい1週間程度の借入しかできません。

1週間なら約960円です。

質屋営業法で定められた金利と言うのは、こうした短期返済を前提にしたものなのです。

短期で不規則な貸し出しは経費が掛かります。

また、質屋には犯罪協力と言う経費も掛かるので通常の金融業より高い金利が認められているというわけです。
http://exconsumer.com/(質屋と時計)を参考にしました》

そうは言っても現実的に100%超という金利をかけている店は少ないようです。

また、金利としてではなく、保管料や質料としている店もあります。

その際金利は2%など低利だったりしますから、最初に必要な金額を確かめるのが大事です。

宝石など不用になった品物があるのであれば、須賀質店の特徴を理解して、実際に活用してみては如何でしょうか。

▼オススメサイト
南砺リサイクルセンター

Copyright (C) www.gypsyshoes.com. All Rights Reserved.

質屋の決まり事